其の三・家賃や礼金は値切れる!!

ご存知でしたか?

地域にもよるでしょうが、ほとんどの場合、家賃か礼金は値切れます。

私は東京在住ですが、家賃の値切りに失敗した事がありません。


家賃7万円台の1Kのマンションであれば、家賃を値切るなら1000円から3000円といったところでしょうか。
家賃10万円以上であれば、3000円から5000円くらいは値切れます。


また、礼金も値切りやすいです。

敷金と礼金の違いですが、敷金とはいわば担保金です。

賃貸を解約する際に発生するクリーニング費用や、もし家賃を滞納してしまった場合に、
敷金を担保金としておく事で、大家さんにとって担保ができるのです。

礼金は、言ってみれば大家さんのボーナスです。

つまり、賃貸とも家賃とも不動産屋との全く関係ない、法的にも何の意味も無いお金です。
それを家賃の1ヶ月分なり2ヶ月分支払うのです。

このようなお金なので、大家さんの気分一つでなくす事も増やす事も可能なのです。

この辺は大家さんにもよるので、不動産屋との相談も必要でしょう。


ただし、交渉すらできない不動産屋も中にはいます。
正確に言うと、ルート的に大家さんと直接交渉ができない不動産屋もいます。
いわゆる客付け業者です。

客付け業者と元付け業者については、其の四・客付け業者と元付け業者を見極めろ!!を見てください。

とにかく、交渉の一つすらまともにできない不動産屋はあまり良い不動産屋ではない事をおぼえておきましょう。

「一般的には値切りなんてしませんよ?」なんて言ってくる不動産屋もいるかもしれません。
ですが、それは交渉能力すら無い不動産屋の言い訳なのです。